ローストスタンド

安全上のご注意

  • 本製品は調理器具です。調理以外の目的には使用しないでください。
  • 調理中や調理後しばらくは本体が熱くなっています。やけどの危険がありますので、絶対に素手で触れないでください。特に、お子様の手に触れることのないようご注意ください。
  • 調理中は絶対にそばを離れないでください。火災の危険があります。
  • サーベルは性能上、先端が鋭利になっています。使用の際は、手・指等を刺さないように注意してください。
  • 柄部は天然木です。炎を直接当てるなどして、燃えないように注意してください。
  • 使用中は柄部も熱くなる場合があります。やけどに注意してお使いください。
  • 使用前にガタツキや破損等がないことを確認してください。
  • 落としたり、硬いものにぶつけるなど衝撃を与えないでください。製品の変形や破損の恐れがあります。
  • 初めて使用する際には、食器用洗剤等でよく洗ってから使用してください。みがき粉やたわしで洗うと傷がつく場合があります。
  • 使用後は食器用洗剤をスポンジにつけてよく洗い、布巾などで水気を拭き取って保管してください。
  • 小さなお子様の手の届かない場所に保管してください。

お手入れ

お手入れするときは

  • 使用後はとても熱いので、トングなどで火元から離し、完全に冷ましてから行ってください。
  • 食器用洗剤、柔らかい布、スポンジを使ってください。金属製のたわしナイロン製のたわし、磨き粉、シンナー、ベンジンなどは本体の表面を傷つける原因になります。

 

お手入れの仕方

  • 全て丸洗いできます。丸洗いした後は乾いた布で水分をしっかりと拭き取ってください。

 

お手入れ上の注意

  • 食器洗浄機には使用しないでください。木柄部の破損の原因になります。
  • ステンレススタンドは長期間ご使用にならない場合は新聞紙に包んで保管してください。
  • 水気や汚れが付着したままや、異種金属と接触させたまま放置しないでください。また湿気の多い場所で保管しないでください。サビの発生原因となります。

ホットサンド

安全上のご注意

  • ハンドルに破損やガタツキがないか安全を確認してからご使用ください。
  • 初めてのご使用の際は、食器用洗剤でよく洗ってからご使用ください。
  • 空炊きをしないでください。
  • 強い衝撃や急激な温度変化を与えないでください。製品の変形、破損の原因になります。
  • 調理の際はストッパー金具をしっかりはめてご使用ください。
  • 取っ手が熱くなることがあります。やけどの恐れがありますのでご注意ください。
  • 調理中・調理後は熱くなっていますので、本体に手を触れないでください。
  • コンロの中央に載せ、安定した状態でご使用ください。
  • 料理を長時間保存しないでください。フッ素樹脂加工の劣化の原因となります。
  • 製品にガタツキや破損が生じた場合は改造や応急処置をせず使用を中止してください。

 

※ガス機器にてご使用の場合は必ず換気扇を回すか、窓を開けてください。
換気をしないと、不完全燃焼による一酸化炭素中毒のおそれがあります。
詳しくはガス機器の取扱説明書をご覧ください。

コーヒースタンド

コーヒースタンド
ウッドパーツ

安全上のご注意

  • 使用後水分等付着していた場合布巾などで拭き取ってから保管してください。

ライト ステンレス ダッチオーブン 10

ご使用上のご注意

  • 空炊きはしないでください。
  • 本体は熱伝導に優れた材質なので炭、豆炭を直接長時間鍋底に敷かないで下さい。
  • 調理中や調理の直後は本体が熱くなっています。火災ややけどの危険がありますので十分注意してください。特にお子様の手に触れないようにしてください。
  • 揚げ物調理をする場合は油の過熱により、火災の恐れがあります。調理中は火元を離れないでください。
  • 取っ手やつまみは熱くなり、やけどの危険がありますので、ミトンやふきんを使用してください。
  • 鍋は加熱器具の中央部にのせ、安定させて使用してください。
  • 取っ手のガタツキや取っ手及びつまみの破損に対し、改造や応急処置等の手当をして使用することは危険ですのでやめてください。
  • 吹きこぼれ、煮こぼれに注意してください。加熱機器の故障の原因となります。
  • 縁まで油や水等を満たした状態で使用しないでください。油や熱湯の吹き出しにより、やけどや調理器具の故障原因となります。
  • 調理後は内容物を保存しないでください。サビの発生原因となります。
  • 炒め調理される場合、鍋を加熱しすぎないでください。変色や油を入れた時引火する原因になります。
  • 卓上コンロでは使用しないでください。火災の原因となります。
  • 電子レンジでは使用しないでください。故障や火災の原因となります。
  • ストーブの上では使用しないでください。空炊きや転倒による火災、異常加熱によるやけどの恐れがあります。
  • 高い所から落とす等、強い衝撃を与えないでください。破損や変形の原因となります。
  • 蓋と本体が密着しているため、スムーズに開かなかったり開け閉めの際に、こすれる音がする場合があります。

 

ガスコンロで使用する際のご注意

  • 炎が鍋の底からはみ出さないように使用してください。炎により取っ手が熱くなりやけどの恐れがあります。
  • 隣接するコンロの炎が取っ手にあたらないように向きを調節してください。
  • お使いのガスコンロの取扱説明書をよくお読みになって正しくご使用ください。

 

電磁調理器で使用する際のご注意

  • 調理前に電磁調理器の調理面(トッププレート)と鍋底が密着しているかご確認ください。
  • 鍋の底についた水滴、異物や調理ガス、汚れ等はきれいに拭き取ってください。
  • 鍋は電磁調理器の中央部にのせ、安定させてご使用ください。
  • 電磁調理器で加熱中にブーンといった音が生じる場合がありますが、電磁調理器と鍋の振動の波動が共鳴するために生じるものですので鍋の異常ではありません。
  • 電磁調理器付属の油温調節機能は温度が設定どおりにならない場合がありますので使用しないでください。
  • お使いの電磁調理器の取扱説明書をよくお読みになって正しくご使用ください。
  • ご使用できない機種もあります。

 

ご使用になる前に

  • 品質には万全を期してますが、万一不具合があった場合には使用をしないで購入店かお問い合わせ先までご連絡ください。
  • 取っ手やつまみの地付けに破損やガタツキ等がないか安全を確認してから使用してください。
  • 最初に使用する時は食器用洗剤を付けて、スポンジ等で十分に洗い、すすいでください。

 

お手入れ・保管について

  • 使用後は食器用洗剤を付けてスポンジ等で洗い、早めに水分を拭き取って乾燥させてから保管してください。
  • 焦げ付きを落とす場合はナイフ等の鋭利な刃物でこすってたりして表面を傷つけないでください。食器用洗剤を溶かしたお湯に浸した後、スチールタワシ等でこすり落とすか、ステンレス用のクリーム洗剤をお使いください。また焦げつきがひどい場合は、酢を2、3滴入れたお湯を鍋に入れて沸騰させ、冷ましてからスチールタワシ等でこするとよく落ちます。
  • 塩分や酸等を含んだ汚れを付着させたままや、異種金属製品と接触させたままの放置、湿気の多い場所での保管はしないでください。サビの発生原因となります。
  • 万一サビが発生した場合は、ステンレス用のクリーム洗剤をスポンジ・タワシなどにつけてこすり落とし、よくすすいでください。
  • 手の届きにくい場所には保管しないでください。取り出す際に落下する危険があります。

 

数回のご使用で熱により変色することがありますが、
使用には影響ありません

  • ご使用していただくうちに、本体の表面が熱によって茶色に変色したり、水道水の成分によってはカルシウムやマグネシウム等の付着により鍋の内面に白い斑点がついたり、虹色に変色する場合がたありますが使用に影響はありません。
  • ツルは取り外しができますが、取り付け時は必ず取り付けたか確認して下さい。